2016年11月27日

片付け

[2012.5〜>日々の日記]
10月からこちらの本を参考に片付けをしています。


あした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理

これ、私にはいちばん効きました。毎日ちょっとずつ続けるというのも無理がなくて良かった。

こんまりさんのときめき技法(?)も、必要十分生活Kindle版も良かったけど、あちらは若い人の発想なのにたいして、こちらの著者は60代。その発想、もうすぐ50代の私にもなんか実感としてわかるようなところが。
なので、若い人向きではないかもしれないけど、私には効きました。

自分のところは片付いてきたけれど、自分ひとりで暮らしているわけではないので、家の中はまだ雑然としておりますが…。これからはお掃除も組み込んで頑張ります。
タグ:片付け
posted by hisako at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年08月29日

久しぶりにTumblrをのぞいて思ったこと

[2012.5〜>日々の日記]
久しぶりにTumblrをのぞいた。

みな、変わらずに絵を描いている。変わらずに、それぞれの絵を描いている。

変わらずにいられることはすごいなと思う。たとえ生活の中で何かが変わったとしても、それでも変わらずに続けていく何かを持っているのだとしたらそれは大きな心の支えなのに違いない。

私は状況に流され、流され。それがよくないとは思わないけど、
今すべき事も、考えることも、身軽になることも、すべてが面倒に思えてきている。

いつもこの時期は夏バテ気味だからそのせいか。ちょっと体調がよろしくないから気分が影響を受けているのが自分でよくわかる。

にんにくいっぱい食ったら元気出るかな。
タグ:日常
posted by hisako at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年08月16日

ある夏の風景、私のまわり

[2012.5〜>日々の日記]

蚊にご用心

先日、近所の墓地へ散歩に行ったら、水道のところに忘れ物が。

散歩

…と思ったら、忘れ物ではなかった。

散歩

管理事務所の心遣いか。デング熱とか怖いからね。虫よけ使いましょうね。

縫いブログ再開する

まさかの、縫いブログ再開を決めた。今さら更新?という気もするけど、玉縁ボタンホールの作り方をググっていて見つけたブログの方が「情報を発信するというのは社会貢献だね。」と書いておられたので、ああ、そうか、と思った。 >>続きを読む
posted by hisako at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年07月19日

さいきんは片付けと服作りをしている

[2012.5〜>日々の日記]
随分久しぶりになってしまったので、近況報告。

体調と、片付け

4月から短時間のバイトを始め、今月から9月までは少し勤務時間を増やして勤務、のち退職。10月からはまた収入がなくなる。少し休んだ後に短期のバイトを探そうかと思う。

健康面。腸内環境のためにぬか漬けを漬け始めた。そして某製薬会社の乳酸菌サプリはあまり効果がないのでやめて、別の会社のオリゴ糖を試している。もうすぐ4ヶ月になる。以前よりは確実に調子がよくなっているけれど、まだまだ毎日快便とはいかない。頑固な私の腸内環境に呆れる。

5月の終わりごろ。自分のまわりの片付けを始めた。 >>続きを読む
posted by hisako at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年04月12日

再話という言葉の意味

[2012.5〜>昔話のまわりをうろうろする]
前回に引き続き、「昔話へのご招待」からわかったこと。

私は「再話」という言葉の意味もはっきりと理解していなくて、ただ、「昔話へのご招待」の内容を聞き進めていくうちに、自分が昔話の内容を好き勝手に作り変えたものを「再話」と呼んではいけないのだと思うようになった…というのが現状でした。

なんですが、2016年3月の放送で、昔話について使うときの「再話」の意味としてはこういうことなんだな、というのが理解できました。

ごく簡単にまとめてみると、

実際に田舎で語られていた昔話を記録したもの(昔の言葉であったり土地の言葉であったりする)を、今の子供達がわかるような文章にする(このとき、なるべく >>続きを読む
Kindleストアで販売中です