2007年07月24日

おならばなし「カニの台所」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々あるところに、カニが住んでおりました。カニの家の台所には、おいしい食べ物がたくさんありました。

 あるとき、カニの家の前を、山羊を連れた山羊飼いが通りかかりました。カニは出かけていたので、カニの家には… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 10:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年08月19日

三題噺ノートカテゴリのこと

[三題噺ノート(作品)]
このカテゴリは、私の宿題提出スペースでございます。 - -;

このまえあんなことを書いたけれど、一日おきに三題噺となると、遅筆な自分のペースでは推敲はできないし、長いのもできない。
単なるアイデアメモにしかならないような気もしてくる。
未完成の、読みづらいものをわざわざ公表しても良いのかという思いもあるにはあるのだけど、自分のノートの上だけで続けてゆく意思の強さもないし、、
なのでやはり予定通りにすることに。

ただし、小昔話とは区別せねばということで、「三題噺ノート」カテゴリを作りました。
んでルールも決めました。 >>続きを読む
posted by hisako at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年08月19日

「脂身の別荘」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々あるところに、孔雀を連れて旅をしている旅人がいました。孔雀は美しい羽を広げて、行く先々で人々を楽しませていました。人々はそのお礼に、旅人に美味しい食べ物をたっぷりふるまいました。旅人は有難くその食… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 03:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年08月20日

「占い師」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々、ある海辺の村に、占い師がおりました。占い師のところには、もう何日もお客が来ていませんでした。
 ある日、この占い師のそばを、牛車を引いた若者が通りかかりました。若者は牛とともにゆるゆると歩いておりま… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 22:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年08月23日

「弓の名人」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々、弓の名人の若者が、旅をしていました。若者がある村へさしかかったとき、物陰でしくしく泣いている子どもを見つけました。若者は子どもに、なぜ泣いているのかと聞きました。子どもは言いました。
「この卵を拾… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年08月25日

今日はまとまりませんでした。

[三題噺ノート(作品)]
 昔々あるところに、漁師が一人おりました。漁師は毎日、小さな舟で海に出ました。漁師は大変に舟をあやつるのが上手で、どんなに流れが早くても、波が荒れていても、けっして舟を転覆させることはありませんでした。

 この日も漁師は、明け方から海に出て漁をしておりました。そしてまだ日が昇りきらないうちに漁を終えて帰ってきました。漁師は家に帰り、朝ご飯の支度を始めました。
 ほどなくして、漁師は、家から箸が無くなっている事に気がつきました。漁師は独り者でしたから、箸は自分の物しかありませんでしたが、その箸が、不思議な事にどこを探しても見当たらないのです。 >>続きを読む
タグ:三題噺 作品
posted by hisako at 03:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年08月28日

「海の底の壺」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々、ある海の底に、古い壺が沈んでいました。
 この壺は、海に沈む前は、蛇遣いが蛇を入れておく壺でした。蛇遣いは何年もの間、蛇遣いとして暮らしていましたが、やがて蛇遣いの蛇が歳をとって死んでしまったので、… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 23:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年09月01日

「芝居小屋」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々ある町に、豚飼いの娘がおりました。娘は毎日、たくさんの豚たちの世話をして、忙しく働いておりました。おかげでこの娘の豚たちは、いつも高い値段で売れました。
 さて、この町には小さな芝居小屋がありました。… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年09月02日

「笛を吹く男」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々あるところに、笛吹の男がいました。男はいつも、笛を吹きながら旅をしていました。
 男の笛には不思議な力がありました。男が馬に乗って笛を吹くと、どんな暴れ馬でもおとなしく歩き出します。男が車に乗って笛を… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 02:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2007年09月03日

「鯛にもらった箸」

[三題噺ノート(作品)]
 昔々、海辺の町に、漁師が住んでおりました。漁師は毎日海に出て、魚を捕っておりました。
 今日も漁師は海に出ました。ところが今日は、一匹も魚が捕れませんでした。漁師が仕方なく帰ろうとすると、ぴちゃんと水の音… >>続きを読む
タグ:作品 三題噺
posted by hisako at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三題噺ノート(作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
Kindleストアで販売中です