2007年05月01日

このカテゴリについて

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
「おにぎりみたいなお話作り」 というカテゴリを作りました。このカテゴリの内容をいずれ電子書籍にまとめる予定でいます。
現在まだ書いている途中ですが、書き上がった部分を、小昔話と同じように先にこちらで公開します。
お話ではなく、お話を作るの手探り記録(?)のような内容になる予定のつたない文章ですが、面白く読んで頂けたら幸いでございます。

すでに記事を二つ書いてあるエッセイカテゴリとは別にしました。書き進むにつれて雰囲気が合わなくなってきてしまったので。^^;
そちらにはまた機会があったら何か書こうと思います。

2013.6.14追記
昔話の特徴などについては、別サイトの「昔話の様式ってこんな感じ」、「文献を自分なりに解釈してみた」にも書いています。
タグ:お話作り

2007年05月01日

土曜日のお昼ご飯のようなお話

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 私は「小昔話(こむかしばなし)」と題して短いお話をいくつか作っています。昔話のように『昔々あるところに…』で始まるお話です。

 長い時間をかけてたくさんの語り手さんたちが語り継いできた本当の昔話ではなく、私の作る「小昔話」は一個人が作った創作のお話です。
 だけれど、もし何年も何十年も何百年も経った後に、私の作ったお話が『むかしむかし…』とどこかで語られていたら嬉しいなという思いをこめて、昔話という言葉の入ったタイトルを使わせてもらっています。今、あるいは将来どこかにいるかもしれない「昔の自分」のような子どもたちにお話を楽しんでもらえていたら、私はたいへんに幸せです。

>>続きを読む

2007年05月01日

作りやすい形だと思ったのはなぜか

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 私が『昔話は作りやすい形をしているのかもしれない』と思ったことはすでに前ページで書きました。その理由は二つあります。
「私にも作れているのだから」というのが理由の一つですが、なぜ私にも作れているのかという詳細は後に詳しく書くことにします。
 もうひとつの理由は「もしかしたら昔話の語り手たちも『お話作り』をしてきたのではないかな」と思ったからです。

 昔話はもともとは、語り手が自分で覚えているお話を声を出して喋って聞かせて「お話をして」いたのです。自分が子供のときに聞いて覚えたお話を、今度は自分が小さな子どもたちに話して聞かせます。昔話はこうして長い間語り継がれてきたものです。
 一人の作家が紙に書きつけた作品ではなく、ましてやそれを一字一句正確に読んで聞かせていたものでもありません。

>>続きを読む

2007年05月02日

リアルにしなくてもよい

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 昔話のようなお話が作りやすかった大きな理由は、まず、シナリオや小説のようにリアルにする必要がなかったことです。

 シナリオや小説は時代や場所が決まっているので、きちんとその時代や場所で話が進んでいるようにしなくてはなりません。たくさんの調べ物や取材が必要です。それは過去の物語も現在の物語も同じですし、もし未来のことを書くとしても、自分なりにその時代の様々な環境を設定しておかなくてはなりません。
 そして登場人物についても、そこに一人の人物をきちんと感じさせなくてはならないので、その人物の性格や背景、生い立ちや家族構成、信念やトラウマなど、実際に書かないような細かなことまで考える必要があります。

>>続きを読む

2007年05月03日

一番大事な「筋(すじ)の明快さ」

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 昔話はとてもわかりやすい筋を持っています。何か解決しなければならないことがあって、それが最後に解決され「めでたしめでたし」で終わるのが、誰でもすぐに思いつく昔話のパターンだと思います。
 そして、昔話で一番大事なものは、筋書きです。登場人物ではありません。だから筋がわかりやすい事は昔話の必須条件なのです。

 聞き手(読み手)が「お話を聞く(読む)」ときに期待するのは、「あー面白かった!」という満足感です。
 お話の中で示される課題『片付けなければならないこと』が、お話の最後に『きちんと片付く』のを期待しているのであり、その期待がかなえられれば、満足感を得られます。
 片付き方は色々です。主人公の幸せであったり、悪が滅びて不安から解放される事であったり、小さな出来事が繰り返された後の楽しい結末であったり、あるいはまた悲しい結末であったり。

>>続きを読む

2007年05月06日

語りの単純さ

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 昔話には語り方にも特徴があります。昔話は、『見えている出来事を描写するだけ』です。心理描写や情景描写はほとんどありません。

 単純な語りは、作る立場からしてみると当然のように感じます。個人の特定をしていない、性格形成の背景なども決めていないのですから、詳細な心理描写をすることは道理に合わないように思えます。というよりも、必然的にそれはできないことだと思います。
 情景描写についても、同様の理由が考えられます。

>>続きを読む

2007年05月07日

いつも同じ数や色(場面を思い浮かべやすくする工夫)

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 昔話にはいつも同じ数字や同じ色が出てきます。三、七、十二、百、とか、赤、金、銀、とか。
 あまり「覚えよう」と意識しなくても自然に覚えていられるものが使われています。そうでないと、覚える事に気を取られて、話に集中できません。とくに聞くお話の時は、ページを戻って確かめる事はできないので、聞き手に負担をかけないための工夫は大事だと思います。

 (余計な話ですけれど、あの三億円事件がもしも、二億九千六百万円事件とかだったら… 金額は大して変わらないのにその事件が記憶に残る確率は下がるのではないかなあ、と、思いませんか?)

>>続きを読む

2007年05月08日

美人の容姿を説明しない理由

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 昔話は詳しい描写をしない、というのが特徴です。それどころか、わりと決まりきった言葉を使います。誰でもわかる簡単な言葉です。
 これはどんな描写よりも聞き手のイメージを助ける事になるのだと思います。簡単な言葉で述べられれば、それぞれが自由にイメージすることができます。

 ここで美人を引き合いに出す事はもう他所でされつくしていますが、結局のところこれが一番わかりやすそうなので、私も美人に助けを借りる事にします。

>>続きを読む

2007年05月11日

イメージさせないようにする事も必要である

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 昔話について一時期流行った「本当は恐ろしい」とか何とか。あれは世の大人たちの想像力がたくましすぎたおかげだと思います。

 悪い継母が最後に処刑されたり、謎かけ姫のお城が求婚に失敗した者たちのどくろでできていたりという、ちょっと聞いただけではあらぬ想像をしてしまうような場面が昔話にはありますが、これも他の場面同様に詳細を描写されてはいません。簡単な言葉でそれが述べられているだけです。
 美人を思い浮かべる際にはっきり具体的な容姿を描かなくても事が足りるように、ここでも聞き手は、はっきり具体的な場面を見る必要はありません。ただ「継母が処刑された」とか「謎かけ姫のお城は失敗者のどくろでできている」という事実が心に留まれば良いのです。
>>続きを読む

2007年05月12日

孤立性(どんなことでもお話にできる便利さ)

[昔話のこと>おにぎりみたいなお話作り]
 昔話の特徴に「孤立性」といわれるものがあります。登場人物はまわりの環境から孤立している、エピソードのそれぞれはカプセルに入ったように孤立している。ちょっとわかりにくいですね。

 登場人物がまわりの環境から孤立しているというのは、現実世界なら一人で勝手に行動できないような身分の人でも一人でどこにでも行ってしまうし、誰とでも接触できる、というようなことです。昔話では『筋が必要とするなら誰が誰と接触する事も可能』なのです。
 リアルな物語なら理由づけに苦労しそうなところですが、その理由づけが必要ないのです。

>>続きを読む
Kindleストアで販売中です