2006年09月21日

電子出版、せっかくなので体験レポート

[雑記(古い)>デジタル日記]
電子出版というのに初挑戦しました。
私の使っているパソコンがウインドウズじゃないのででじたる書房さん独自の形式が使えず、必然的にPDFであります。
9/11の午前に出展申込をして、出展されたのが9/20。約十日ほどかかるのね。はい、承知いたしましたです。一週間過ぎた辺りから「そろそろかな?」とドキドキしながらデジタル書房さんを見に行っておりました。ぶじ出展されてたのを見たときは「おお!」
じつは、テキストファイルと画像とPDFファイルを用意してからはじめて出展申込フォームを開いたのですが、価格入力のところに「300円〜」とありまして… >>続きを読む
タグ:電子書籍

2006年10月02日

電子出版レポート:2

[雑記(古い)>デジタル日記]
「小昔話2」がでじたる書房さんからぶじ出展になりました。
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/7196
どうぞよろしくお願いしますペコリ。

1冊目の時に気になっていた、立ち読み画面の大きさ!
今回は開く設定を150%にしたのだけれど、やっぱり前回とおなじようにどでかい文字が…
きっと立ち読み画面の大きさは決まっているのだなあとあきらめて、次はまた全体表示にすることにしました。とほほのほ。

「小昔話」は、読み聞かせやお話会に使ってもらえるようにと思って「印刷可」の設定にしてあるのだけれど、セキュリティとの兼ね合いも考えて印刷設定を変えようかなとか、 >>続きを読む
タグ:電子書籍

2006年10月28日

電子出版レポート:3

[雑記(古い)>デジタル日記]
やれやれ、絵は苦手だじゃ。
いたずらがきは大好きだけれど、ひとつのものとして成立させるのはどうもダメだじゃ。

なぜこんなことをぼやいているかというと、こんなもん作るのに時間かかりすぎて夜中になってしまったからです。これだけ時間があったらお話がひとつ出来上がったぞ(笑

pocketのタイトル画像 デジタル書房のタイトル画像

今まででじたる書房さんで販売していた「小昔話1」と「小昔話2」を一冊にまとめて手直しして新たに出展し直すことにしました(今までのはすでに出展取り消しにしました。まだ全く売れてなかったのは幸いでした。笑)。ついでにpocket.jpのほうにも作品登録申込をしました。 >>続きを読む
タグ:電子書籍

2006年10月28日

電子出版レポート:4

[雑記(古い)>デジタル日記]
昨夜苦労して作ったへっぽこな画像、すでにpocket.jp のほうで見ることができるようになっています。pocket.jp のトップページ(いまのところ新着なので)と、
http://pocket.jp/pocket/store/product.jsp?id=230&category=2
(11編収録、66ページ、360円(税込)です。お話は右サイドバーの「小昔話1」カテゴリのものです。どうぞよろしくお願いいたします。2007.2.26追記)

お暇な方は見てやってくださいませ。

それにしても、昨夜絵を仕上げてから作品登録申込をしたので時刻は午前2:30を過ぎていたのですが、upしましたというメールが来たのが今日の夕方4:42。
連絡は5営業日くらいとあったので、土日は休みで来週になってからの、うーんと、来週中ってところかな、と思っていたので、メール見ても一瞬ピンと来ませんでした。だって、二十四時間たってないよ??(笑
きっと、昨年できたばかりの電子出版サイトで登録作品数がまだ少ないせいなのでしょうね。

- - -2012.6.22追記- - -
現在はパブーさんにお世話になっております。PDFとePubがダウンロードできます。価格は無料です。
- - -追記終わり- - -
タグ:電子書籍

2007年02月04日

模様

[雑記(古い)>デジタル日記]
ここ十日間ほど私のココロを占領し続けていたFlashですが、これを始めてしまうとお話を作る時間がとれなくなると気がつきました。時間がというよりも、ココロの中にお話をゆっくり考える余裕がなくなると言ったほうがあっているかな。
お話からFlashに乗り換えるというならともかく、お話をやめる気はさらさらないので、それならってことでFlashに手を付けるのはやめました。お散歩中に決定。散歩は気分をさっぱりさせてくれる。(笑
ソフトを買ってしまわなくて良かった(高い)。ソフトの解説本を買わなくて良かった。しかしそれを探すためにアマゾンで色々見ていたときに別の本が目に留まり、書店に行った折に購入しちまいました。 >>続きを読む

2007年03月03日

宅ふぁいる便

[雑記(古い)>デジタル日記]
この時期TVにちらし寿司が映るせいか、うちも何となくちらし寿司を食べている三月初めです。一昨日の夕飯。

本日、大きいファイルを受け取るために宅ふぁいる便にアクセスするも、何故かファイルのダウンロードができず。
というかダウンロードしたファイルがどうやっても開けないし名前も変。
もしかしてこれは圧縮ファイルで解凍ソフトが古くて解凍できないのか?と、StuffItの新しいバージョンをダウンロード(英語のページにびびりまくり)&インストールするが、どうやらこれは無駄であった。
んでその宅ふぁいる便をぐるぐる見てみると、 >>続きを読む

2007年03月14日

なんと、オーディオブックです

[雑記(古い)>デジタル日記]
お知らせでごさいます。
二ヶ月前までその存在すらよく認識していなかった、いや、そんなようなものに気付いてはいたけれどまさか自分に何かかかわりができようとは思ってもいなかった「オーディオブック」というものに、小昔話が加えてもらえることになりました。続きを読む

2007年04月03日

全文掲載にしました

[雑記(古い)>デジタル日記]
このブログの目的は当初は「お話を半分ほど紹介します、残りは電子書籍で読んでください」でした。
でもその後、全文掲載か半分隠しかで迷うようになりました。

半分隠しにしていた理由は二つ。ここで全文公開してしまったら電子書籍が売れなくなるだろうということ。もうひとつは、著作権にまつわる心配(以前嫌な思いをしたことがあったので少々用心深くなっていました)。
全文掲載したくなった理由も二つ。まず、半分だけなら見せますというのが何となくすっきりしない気分であったこと。そして、全文掲載すれば誰にでも(つまり電子書籍を買わない人にも)読んでもらえるということ。

電子書籍の売り上げは今のところ??なので(買ってください! 笑)、読んでもらえる方法としてはここに全文掲載するのがいちばん確実です。思いがけずコメントを頂けるという喜びもあるし。
半分隠しのもうひとつの心配が残っているのですが、それよりも今はたくさんの人に読んでもらえるようにする方が大事だと考えました。

ただ「せっかく電子書籍を買ったのにここへ来たら中身が全部書いてあるじゃないの」というのも申し訳ない気がするので、電子書籍にまとめる際にはここで公開していない作品を2〜3編加えることにしました。
それにともなって、11編を半分隠しで公開していた「小昔話1」を2編削除し、残り9編を全文掲載に訂正しました。続きを読めずに悔しがっていたそこのあなた(?)、この機会に最後まで読んで頂けたらとても嬉しゅうございます。

- - - - -
電子書籍は、現在はパブーさんにお世話になっております。PDFとePubがダウンロードできます。価格は無料です。作品は別サイト(そだひさこ作品倉庫「インチキ昔話。」)にて、すべて公開しております。
現在の当ブログの概要もご覧ください。2012.6.22追記

2007年04月12日

ワープロソフトのアウトライン

[雑記(古い)>デジタル日記]
ワープロソフトのアウトライン機能がこれほど便利なものだったとは知りませんでした。

この機能があるのは知っていたけれど、「どこが便利なんだろうか?」と思っていたものだから。
しかし、長いものをきちんと内容をまとめて順序立てて説明するためのものを書かねばならんというときには「ああ、このためにこの機能があったのか!」というくらいにありがたいものでした。沢山のメモを並べて入れ替えたり付け足したりの作業をPCでやっているような便利さ。
おかげでよい収穫がありそうな予感。(予感はあくまで予感である)

だけどおかげで知恵熱が出そうです
げろげろ〜

2007年09月07日

別サイトです

[雑記(古い)>デジタル日記]
先日からなんとなく「このブログは商魂だらけでいやらしいんじゃないだろうか」と思い始め、、
このへんが検索サイトとかへの登録の際にはねられてしまう原因になりそうだなあと思い始め、、
それならってことで、落ち着いてお話だけを読める別サイトを作りました。

むかしむかしのこむかしばなし

すでにHP用のスペース(cgiを設置できるHPスペース)を借りて三題噺マシンを設置していたので、そこを使いました。topページからお話にも三題噺マシンにも行けるようにしてあります。作品のご利用についてもtopページで読めます。

ブログではきちんと推敲していないままの作品を載せたり、未完成に等しいような宿題を載せたりしていますが、 >>続きを読む
タグ:日常 片付け
Kindleストアで販売中です