2016年02月04日

「口ずさみやすい」には覚えやすさも必要だった

[2012.5〜>昔話のまわりをうろうろする]
初めて作った昔話動画「桃太郎」を、自分で何回も聞いてみて思ったこと。

私なりに「口ずさみやすい感じ」にしてみた結果が、なんとなく七音五音の繰り返しになっただけ?だったりして…ポリポリ

同じ場面を同じ言葉で繰り返すという昔話の特徴は入れ込んでみましたが、それはともかく。

「耳に心地よかったり、情景があざやかに浮かんだりして、知らず知らず覚えてしまう」とかそういう意味の口ずさみやすさは皆無なのではと。

…その証拠に、自分で作ったのに何回聞いても全然覚えられない! これはマズいぞ!

ってことで、つぎの動画の文章に大いに苦労しています。


そして。
前回の記事で絵をもっと簡単にと書いたのだけど、なんだかね、机に座るのが怖くなってます(T_T)。ペンタブで絵を描くには机でないと諸々困るので、いっそ絵を入れるのやめようかと思ったりしてます。(環境変えれば解決しそうではありますがとりあえず)

絵が入らないと日本語わかる人限定になってしまうなぁと残念なんだけど、文章をうまく作れるようになってから改めて考えようと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433381878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Kindleストアで販売中です