2015年10月03日

副菜担当、献立に悩む

[2012.5〜>日々の日記]
1.2kgの煮物を作った。800gのトマト煮も。

こう書くと「おっ?」て思うけど、トマト煮800gくらいは普通に作る量なんだよね。レシピの材料全部足していくとそのくらいになる。夫婦2人で、今晩のおかずと明日の副菜くらいにしたらすぐなくなる。だから今日は半分あればいい。1.2kgの煮物も半分は実家に持って行くから5人分ということになるけど、たぶん3日目には食べきってる。

トマト煮と根菜の煮物が同じ食卓に並ぶのかと思われますかな…、まあ、私は平気。私の親と弟もたぶん頓着しない。夫が文句を言うかもしれない。いや、たぶん言う(笑

献立をどうやりくりしようか悩む

8月のはじめに、母親が部屋で転んで膝を痛めて台所に立てなくなった。幸い骨折はしていなかったのだけど、本人曰く、たぶん筋を痛めたようだから半年くらいすれば痛みも治まるだろうとのこと。

高齢で、膝がだいぶ変形してはいるのだけど、それに加えて大変に体重が重い。身長は150cmもないのに体重は70kg近くある。体にも良くないけど膝にもとても良くない。弟と私とで母を病院に連れて行きながら、どうにかして母に痩せてもらわなくてはね、と相談した。相談といっても、食事の内容を改めようということなのだけど。

んで私はカロリー計算と食べていいもの良くないものなんかを色々調べ、リバウンドしないように1ヶ月に体重の5%以内を減量目標にして、全部紙に書いて実家に持って行き、それを参考に弟が夕飯を作る、朝昼は冷蔵庫に用意しておく、私も時々手伝いに行く、という感じの生活を送った結果、1ヶ月ほどで3kg近く体重が減りました。むくみもなくなってすっきりして目も大きく見える。すごいすごい!

…って喜んだんですけどね。本当に嬉しかったんですけどね。

8月の連休明けから、弟が仕事の都合で帰りが遅くなり、それと入れ替わるみたいに父が退職して家にいるようになったあと、しばらくして、母の体重は2kgほど増えていました。が、が、がびびん…
このままでは元の重さに戻ってしまう。災害のときに重くて助け出せないなんてことにならないようにしたいのに、減量目標は20kgなのに、どうしたらいいのぅ…

とりあえず、食事の支度をする父に、お菓子のような甘い酢の物を作らないようにお願いして、合わせ酢をたっぷり作って冷蔵庫に入れてきた…w

昼間父が居なかった間は、私も時々おかずを作りに行ってたのでそれなりに内容を見てどうのこうのと口を出していました(弟だし)。
でもね、今、父が父なりにきちきちと頑張って御飯作っている様子を見ると、しかも料理好きなわけだし、ずかずかとお邪魔してその仕事を取ってしまうのも悪い気がするしで、このところ平日は行くの遠慮してました。

でもやはり気になって、この前火曜日に行って、台所に立とうとしたら、ちょっと機嫌悪そうだったし(-_-;)困ったなー。

で、考えついた。うちで作って持っていけばいいんだ。翌日の副菜なんかを。

週に2〜3回、煮物や常備菜的なものを多めに作って持っていけば、あとは肉魚を料理して酢の物果物な感じで、前みたいにうまくいくんじゃないだろうか。…それで冒頭の、1.2kgの煮物になったわけです。

しばらくは副菜作りの日々になりそう。ああ何作ろう〜〜〜
posted by hisako at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427141462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Kindleストアで販売中です