2012年09月02日

ようやく再話作品up

[2012.5〜>お話作り日記]
インチキ昔話の箱に再話作品二編「金のたまごをうむカニ」「ブケッティーノと鬼」をupしました。
作品は箱サイトに公開しますので、時々のぞいていただけると嬉しいです。ペコリ。

この二編はイタリアの昔話が原話です。このブログで以前にも話題にしているので「まだ、やってたの?」って思われそうですね。笑。

6月からどんどんupするのを目標にしていたのに予定通りにいかず、ようやく9月になって作品が仕上がりはじめました。今後は「続けられそうなゆるいペース」で続けていけたらと思っています。
posted by hisako at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>お話作り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2012年09月03日

小冊子を作ることは、意外と身近なことになっているのかもしれない

[2012.5〜>手製本日記]

プリンタの「色々やってくれる親切さ」に驚く

先日、インクジェットプリンターを買い換えました。それまで使っていたプリンタが古かったせいもあるのでしょうが、今どきのプリンタの多機能ぶりにちょっとびっくり。

まず、両面印刷を自動でやってくれます!
今までのように、片面の印刷が終わったらプリンタのところへいって用紙をひっくり返して再度印刷…ということをしなくても、一度印刷ボタンを押せばプリンタさんがちゃんと両面に印刷をして仕上げてくれるんですよ。

それから、割付印刷。二枚(あるいは四枚)の書類を、一枚の用紙の片面に縮小割付して印刷してくれます。 >>続きを読む
posted by hisako at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>手製本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2012年09月03日

小冊子の原稿を作るためにWordを使う

[2012.5〜>手製本日記]
プリンタ側で簡単に小冊子印刷ができるようになった(詳細は前記事)ので、メモ帳(テキストエディタ)で長い原稿を作ってそれを小冊子印刷して本にしようか、あるいは長いHTML(ウェブページ)を作ってそれを小冊子印刷して本にしようか…などと手抜きなことを考えたのだけれど。

これだと残念ながら、印刷プレビューしなければ何がどのページにくるのかが把握できないのです。自分用の資料ならそれでも構わないけど、リトルプレスを作るのにはさすがに都合が悪い。なのでWordを使うことにしました。(苦手!)

余白を狭く設定する

ウェブページやメモ帳は印刷するとけっこう周りの余白が少なめ(もちろん設定は変更可能)ですが、 >>続きを読む
posted by hisako at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012.5〜>手製本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
Kindleストアで販売中です